ホーム製品の活用術  >  DVD作成  > パソコンから動画をDVDに焼くには

動画をDVDに焼く方法、超カンタン!(Windows/Mac対応)

学園祭の思い出をDVDに収めませんか?公演のリハーサルの様子やインタビューの動画、写真、何気無い一コマなどを中心にDVDに焼いてみませんか?就職活動で企業に提出する作品として保存したいならDVDを焼いてはどうでしょうか?自分で作った映像作品ファイルはDVDメディアにオーサリングしてテレビの大画面で見るのは望ましいでしょう。
上記のようにパソコンの動画をDVDに焼くことで大切なファイルを保存する需要が多いらしいです。ですが、動画をDVDに焼くことは初心者にとって容易なことではありません。直感的にパソコンからDVDに焼きたいなら「DVD作成」は手助けとなります。読み込めるファイル形式が多いためどんな形式が対応できるか分からなくてもぜんぜんOK!さらにソフトからいろいろな場面に使えるメニューのテンプレートをダウンロードすることも可能です。
ではパソコンで動画をDVDに焼く方法を見てみましょう。


無料体験 無料体験

パソコンから動画をDVDに焼くには(Windows 8/7にも対応)

1動画をソフトに読み込み

「DVD作成」を無料ダウンロードしてパソコンにインストールします。
(Windows NT4/2000/2003/XP/Vista/Windows 7/8/8.1及びMac OS X 10.6, 10.7, 10.8, 10.9, 10.10に対応しています)

ソフトをダブルクリックで実行し変換モード(オーサリング)に入ります。DVDドライブにDVD-R/RWをセットしておきます。

左上の「インポート」ボタンをクリックして、DVDに焼きたい動画を選択して読み込ませます。

動画を読み込み

2動画をDVDビデオに変換

動画を追加完了後、カット、クロップ、字幕追加などの編集ができます。
編集しない場合右側で出力形式を選択します。
「フォーマット」-「DVDビデオ」を選択します。
(DVDビデオはDVD再生機械で一番互換性が確保されている規格です。)


dvd編集

画面の真下で「保存先」をクリックし出力フォルダを指定します。
変換ボタンをクリックしたら動画がDVDビデオに変換開始。


動画をdvdvideoに変換

3動画をDVDに焼く

上の「作成」モード(ライティング)に入り、上記の変換したDVDビデオファイルを追加します。

dvdメニューを選択する

右側でDVDメニューのテンプレートを選択します。DVDメニューの背景とBGMが変更可能。

dvdメニューテンプレート カスタマイズ

DVDラベルを入力し保存形式、品質、画面比率などを設定します。オプションでTV規格をNTSCにします。

焼く設定

最後に「作成」ボタンをクリックしたら動画をDVDに焼くことを開始させます。

動画をdvdに焼く 開始

しばらく待つと成功に動画をDVDに焼きました。このように焼いたらほとんどのDVDプレイヤー、家庭用DVD再生機器で再生できるようになりました。
動画をDVDに焼けるばかりではなく、動画と音声のダウンロード機能も搭載されています。自分でオリジナルDVDを焼きたい皆様にこのソフトを強くおすすめします。


無料体験 無料体験
関連記事
comments powered by Disqus
編集者のおススメ
人気記事
動画分割:プロな動画編集人気ソフト
高品質ビデオをDVDに作成する方法
必見!動画をダウンロードする方法
YouTubeの動画をダウンロードする方法
PCの画面を録画できる方法
iPhoneの動画が再生できない?解決方法すぐゲット
DVDをiPhoneに変換する最も簡単な方法
iPhone動画編集(PC・Mac対応)
iPhone動画保存:iPhoneやPCに動画ダウンロード、保存
YouTube変換:YouTube動画を変換する方法
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2018 Video-Converter.jp All Rights Reserved