ホーム製品の活用術  >  DVD作成  > AVI DVD 焼く

初心者でもできるAVIをDVDに焼く方法

AVIはAudio Video Interleave(オーディオ ビデオ インターリーブ)の略称で、Microsoft開発された汎用性が高いフォーマットです。これにより、汎用のメディアプレイヤーと各種のプラットフォームに幅広く利用されています。以前、AVIをDVDに焼きたいなら、AVIをDVDファイルを変換して、そしてDVDに焼くしかないです。これで、二つのソフトを使わないといけません。この方法のステップが多くで、操作も複雑です。だから、初心者にとって、実に使いにくい方法です。現在、ソフト一本でAVIをDVDに焼くことができる方法があります、それは「DVD作成」を利用する方法です。

「DVD作成」は初心者向け開発されたDVD焼き専用のソフトで、簡単な操作で高画質のDVDに焼くことができます。DVD作成」はMP4・AVI・RMVBなどの動画フォーマットにたくさん対応します。それだけでなく、高い安定性と迅速な作成スピードのメリットもあります。もしこのソフトに興味があれば、パソコンのバージョンによって、下の「ダウンロード」ボタンをクリックして、「DVD作成」を体験しましょう。

無料体験 無料体験

ステップ1、パソコンにダウンロード・インストールされたDVD作成」を起動して、DVDドライブにDVD-R/RWをセットして、それから「変換」をクリックして変換モードに入ります。
ビデオをインポートする
ステップ2、DVDに焼きたいAVIファイルをソフトにインポートするため、画面中のある「追加」ボタンを押して、そのファイルを選択すれば、ソフトに追加することができます。それから、出力形式を「DVD―ビデオ」に選択して、出力先を選定します。「変換」ボタンををクリックすれば、AVIをDVD対応のフォーマットに変換します。

ステップ3、変換が完成した後、「作成」モードに入ってください。DVD対応のフォーマットに変換したファイルをソフトに追加、そして需要によって、DVDメニューの作成設定に、DVDメニューの背景と品質などのを設定します。

ステップ4、最後はDVDの焼きです。「オプション」をクリックして、出力先をステップ1にセットしたDVD-R/RWに選択します。それから「作成」ボタンをクリックしてください。完成するまでしばらく待ちください。


DVD作成」を使えば、ただ4ステップで手軽にAVIをDVDに焼くすることができます。便利なソフトだと思いませんか?普通の動画DVDを焼けるだけでなく、「DVD作成」は音楽DVDを作成するもできます。もしこの方法について質問があれば、ぜひコメントを残して、弊社に伝えてください。

無料体験 無料体験
関連記事
comments powered by Disqus
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2017 Video-Converter.jp All Rights Reserved