ホーム製品の活用術  >  DVD作成  > ビデオからDVDに作成する方法

高品質ビデオをDVDに作成する方法

個人的にオリジナルビデオをDVDに作成したい場合、専門的なソフトウェアを使うとエクスポートするのに時間がかかります。それに、一般的なDVD作成ソフトの操作もかなり複雑で初心者の方にとっては使いこなせないかもしれません。

DVD作成」は形式不問で普通のビデオをDVDに作成して、メニューのカスタムテンプレートを選択して背景やBGMをつけて好きな場所に保存できるビデオ-DVDオーサリングとライティングを一身に集めたソフトです。他のソフトよりも使いやすくて簡単な編集機能も搭載されているので誰でも上手くできます。また一番好評を受けている注目点はそのハイ・スピードの特性です。今は無料でご試用いただけます。

それではビデオをDVDに作成する方法について説明します。

無料体験 無料体験

ビデオからDVDに作成するには

1ビデオをインポート

DVD作成」を無料ダウンロードしてパソコンにインストールしてください。(Windows 8にも対応)
ソフトを実行し変換モードに入ります。DVDドライブにDVD-R/RWをセットしておきます。

左上の「インポート」をクリックして、DVDに作成したいビデオを選択して一括インポートします。

ビデオをインポートする

2DVDビデオに変換

追加完了後、ビデオを簡単に編集することができます。編集しない場合は右側で出力形式を選択します。
「フォーマット」-「DVDビデオ」を選択します(オススメ)。(DVDビデオはDVD再生機械で一番互換性が確保されている規格です。)


dvd編集

画面の真下で保存先をクリックしフォルダを指定します。
変換ボタンをクリックしたらビデオがDVDビデオに変換開始。


dvdvideoに変換

3DVDに作成

上の「作成」モードに入り、上記の変換したDVDビデオファイルを追加します。

dvdメニューを選択する

右側でDVDメニューのテンプレートを選択します。DVDメニューの背景とBGMが変更可能。

dvdメニューテンプレート カスタマイズ

DVDラベルを入力し保存形式、品質、画面比率などを設定します。オプションでTV規格をNTSCにします。

dvd作成設定

最後に「作成」ボタンをクリックしたらビデオをDVDに作成開始。

ビデオからdvd作成開始

以上の簡単なステップで異なる形式のビデオからDVDに作成し、友達に共有できます!またDVDに自分の透かしや字幕を追加することも可能です!またDVDチャプターも作りたいなら「DVD作成」がオススメです。

無料体験 無料体験
関連記事
comments powered by Disqus
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2017 Video-Converter.jp All Rights Reserved