スマホで君の短編映画を済ませる:iMovie for iOS初心者入門

皆さんは必ず携帯でビデオを撮る経験があっただろう、iPhoneだけで自分の短編映画を制作することを考えたことがある?もうすぐ桜祭り正月休みになる!簡単な処理を通じて、家族や友達と一緒に撮った写真やビデオを特別な記念品に作成することも悪くない選択だ。

去年AppStore年度ベストに入選したRepalyはビデオブームになって、このようなアプリの優位が目立ち、動画、写真は音楽やフィルターと組み合わせ美しく面白い短い動画を素早く作って共有することができ、カッティングする必要がなく、簡単で使いやすい。でも致命傷も明らかで、テンプレートの千編一律、興味なしのフィルター、伸べない時間…たくさんの条件の制限で、このようなソフトウェアは社交コースとして人を楽しめることしかできない、高品質のビデオを作ることはできない。自分の生活の監督になりたくても、たくさんの専門設備を購入したくない...本当に両全の仕方はないのか?現在、筆者は専業制作に匹敵、操作簡単なiMovie持って手伝ってあげる!
iMovie

最初iMovieはMacintoshコンピュータのために開発したiLifeスーツの一部として発売するソフトウェアで、その後iPhone4等のiOSデバイスはHDカメラを搭載、iOS版iMovieも生まれた。とりあえず、iMovie直観簡素化のデザインとMulti-Touchジェスチャー操作は携帯で動画をカッティングする難しさは大幅に低下させ、簡単な操作で自分が満足する専属映画を作ることができる。これから饅頭はできるだけ簡単な言葉でiMovieで短編映画を制作する方法を皆さんに紹介する。

目次:
ステップ1:新たなビデオを作成する
ステップ2:映画のテーマを選択する
ステップ3:ビデオ素材を導入する
ステップ4:ビデオをカッティングする
ステップ5:映像に効果を追加する
ステップ6:録音を追加する
ステップ7:字幕を追加する
ステップ8:フィルターを追加する
ステップ9:エクスポートと保存

ステップ1:新たなビデオを作成する

iMovieのメインインターフェースに入り、「プロジェクトを作成」のヒントを見て、項目タイプをクリックで選択し、項目を作成する。「ムービー」を選択する場合可塑性の強いビデオ項目を作成でき、既存の写真、ビデオを利用し自分の専属映画を制作することができる;「予告編」はRepalyに類似しAPPLE が提供するビデオテンプレートを直接利用し映画を簡単に制作する。しかし、このような映画は限制がたくさんあって、ビデオ長さと音楽などのカスタムをすることができない、そのため、筆者は「映画」プロジェクトを作成し、専属意味があると同時にもっと面白い動画を制作することがお勧めする。
新たなビデオを作成する

ステップ2:映画のテーマを選択する

ビデオプロジェクトを選択した後、「映画のテーマ」の選択肢があって、これは後の映画の全体的なスタイル(トランジション、動画、文字の表現方式等)を決定するから、選択しなえればならない。現在iMovieは8種の映画のテーマを提供し、テーマをプレビューし选定した後、正式に項目作成し編集ページに入る。後続の操作にテーマがいつでも変更することができる。


ステップ3:ビデオ素材を導入する

メディアライブラリのボタンをクリックし、映画の制作素材を追加し、素材は動画片でもいい、写真でもいい、音楽でもいい。


3.1ビデオの断片を添加する

3.1.1ビデオ導入
ビデオの断片はローカル撮影、 iCloud drive、iMovieメディアから導入することができます。iMovieにiOS以外のデバイスで撮影するローカル動画を添加しようとする場合、iTunesで導入し、しかも導入したビデオのフォーマットはMP 4或はMOVしか支持しない、通常非iOS類で撮影したビデオはフォーマットを変換してから導入されることができる。


3.1.2断片を切り取る
普通に動画リストに入ってビデオを選ぶと添加完了することができ、もし断片の一部分を選ぶ場合、動画断片の先端と後端の黄色い部分を移動すれば、導入時に余分を自動的にカットすることができる。



3.2写真、音楽を添加する

3.2.1写真導入
写真のサムネイルを長押し、写真をプレビューでき、サムネイルをタップすると写真ファイルを導入できる。


3.2.2音楽導入
iMovieには数十種類の効果音とテーマ音楽8曲があり、自分の好きな曲を使用しようとする場合、まず曲をプリインストール音楽アプリにいれてから、iMovieは識別でき、追加することもできる。



ステップ4:ビデオをカッティングする

ビデオ素材を導入した後、ビデオ編集画面に入り、これからは導入したビデオ素材をカッティングし、ビデオ映画に組み合わせる。以下は4つの常用基本操作で、写真と音楽の編集にも同様に適用される。

4.1断片を削除する
断片を長押しで選ばれ、画面上部に移し、断片の左上に雲のようなアイコンが出現した後、手放し削除完成。


4.2断片を移動する
動画断片を押し続けて、先や後ろの位置に挿入するとそこに移動することができる。


4.3断片をカットする
カットしようとする断片を選んで、動画断片の先端と後端の黄色い制御柄を移動すると動画をカットすることができる。


4.4断片を分割する
分割しようとする動画を選んで、白い時間線に移動し、断片を軽くタップすると、黄色い制御柄が現れ、白い時間線に沿って下に滑り編集完成。


4.5フレームを添加する
断片を分割する段取りとはほぼ同じ、フレームを添加しようとする動画を白い時間線に移動し、断片を軽くタップすると、黄色い制御柄が現れ、上に滑るとフレームを創建することができ、デフォルト設定は2秒だ。フレームを軽く押し、どちらの黄色い制御柄を右や左に移れば時間の長さを変更することができる。


上記の編集操作が終わると、ビデオは大体作り出したした。これから、断片の最適化と細部処理をすれば、映画が完成する。ここで少し補充し、ビデオをカッティングする間に、窓口の下の播放ボタンをタップすると、随時にカットの状況をプレビューすることができ、ビデオの制作進度を把握することができる。

ステップ5:映像に効果を追加する

iMovieの中で、効果の運用は基本的に2種類に分けて、一つは断片の効果(写真素材に限る)、断片ごとに単独のデモンストレーション効果を添加し、豊かな感染力で表現する;もう一つはトランジション、断片と断片の間がうまく接続に効果が有り、断片を自然に再生するにも効果がある。

5.1断片効果
iMovie中の断片特効はKenburns効果(左右に揺れ、緩慢伸縮鏡、縮小や増幅)を採用し、いかなる写真素材をタップすると、、動画窓口右下にkenburns効果の操作ボタンが現れ、「指二つ開閉定位起点」のボタンを押し、窓口の下の断片の先端制御柄は時間線と重なって、その場合、窓口で相応画面が増幅し、写真の焦点に移動すればいい、「指二つ開閉定位終点」をタップすると同じ操作をし、操作する中に、強調したいところをよく考えてから、kenburns効果のパスを決めることができ、下の放送ボタンをタップし、さっき添加したkenburns効果をプレビューすることができる。


5.2 効果
動画断片の間に小さな黒いボックスのボタンが有り、このボタンはトランジション、すなわちレンズ間の切替効果を設置する。トランジションボタンをクリックすると、切り替え効果を調整することができる。現在iMovieは6種類のトランジション効果が有り、溶解、グラデーション、スライド等を含んで、映画のスタイルごとに単独のトランジション効果が有り、各種のトランジションスタイルを合計し20種になり、非常にフレキシブルで変わりやすい。トランジション効果もそれぞれにトランジション時間を設置することができる。



ステップ6:録音を追加する

前のビデオ導入段階ですでにiMovieに携帯電話の中の音楽或は声特効が導入することができることを知っている、それだけでなく、動画に録音を添加することもできる。編集ページでの録音ボタンをタップすると、録音することができ、録音した音声はすぐ動画に導入し、声の操作は動画に似ていて、各種類のオーディオに違う色を使って区別(曲は緑、録音は紫、音効果は靑)、動画と違うところは、声は同時に多くのオーディオレールを添加することができ、オーディオはそれぞれ声の大きさと効果を設置することもできる。


ステップ7:字幕を追加する

いずれの動画をクリックタップすると、編集パネルに「T」の文字ボタンが現れ、それを選べれば字幕編集パネルが呼び出される。項目の中のいかなるビデオの断片或は写真に字幕を添加することができる。すべての字幕スタイルはアニメ動画の形式で画面に表示され、この字幕スタイルは動画の断片或は写真の全体の持続時間内にスクリーンに表示している。添加した後、字幕つきの写真やビデオ断片が時間線に出て来て、左の上側に「T」のアイコンが表示している。


ステップ8:フィルターを追加する

最近更新したiMovieは既にビデオにフィルターを添加することができ、10種類のフィルターが選ばれる、しかし饅頭はこれらを見てフィルターの効果が……これは本当にAppleが設計したのか?饅頭はiMovie内蔵のビデオフィルターを慎重に選ぶことを提案する。


ステップ9:エクスポートと保存

動画を編集した後、返すボタンを選択しエクスポートをすることができ、ローカルにダンロード保存してもよろしい、ネットワークにアップロードしてもよろしい

iMovieのエクスポートに4種の解像度を提供し、最高に1080 Pに達することができ、エクスポートスピードはエクスポートする動画の品質によって決め、品質が高ければ高いほど容量が大きくなり、同時にコード時間も長くなり、iMovieのエクスポート品質のこの一環は本当に素晴らしい。饅頭筆者はiMovieを利用し制作した動画は優酷YouTubeにアップロードし転換の時には基本的に超清フォーマットに認識され、画面詳細細部も声も結構保存している。
総括:
ひとつの小さな画面にiMovieがほぼプロレベルの編集能力を発揮し、Appleの先端技術Multi-Touchを利用し、簡単な操作で満足させるビデオを制作できることを想像するには難しい。FinalCut Proの厳密な制作要求に達成できないが、生活にはもう十分で、ちょうど春節桜祭りに近づいて、みんなは早く行動し自分に家族にユニークな映画を取りましょう、iMovieは君に素晴らしい思い出をさせられることを信じていると思います。

comments powered by Disqus
編集者のおススメ
人気記事
動画分割:プロな動画編集人気ソフト
高品質ビデオをDVDに作成する方法
必見!動画をダウンロードする方法
YouTubeの動画をダウンロードする方法
PCの画面を録画できる方法
iPhoneの動画が再生できない?解決方法すぐゲット
DVDをiPhoneに変換する最も簡単な方法
iPhone動画編集(PC・Mac対応)
iPhone動画保存:iPhoneやPCに動画ダウンロード、保存
YouTube変換:YouTube動画を変換する方法
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2017 Video-Converter.jp All Rights Reserved