ホーム製品の活用術  >  動画変換  > MP3・WAV音楽のビットレートを変換する手順

MP3のビットレートを一クリックで自由変換する

ビットレートとは秒ごとに転送するビット数で、bpsまたはbit/sを単位とします。ビットレートが高ければ高いほど転送のスピードが速いです。ビットレートは映像と音声ファイルの品質をはかることに用いられているので、音声におけいては音質をはかる標準となります。簡単に言うと、ビットレートが高ければ音質が高くなり、音声ファイルの容量もそれなりに大きくなります。MP3のビットレートにおいて32~256kbpsが一般的です。

ビットレートの単位
1000bps=1kbps
1000000bps=1Mbps
1000000000bps=1Gbps


音声音楽ファイルのビットレート使用例
8kbps:通話品質
32kbps:MW品質
96kbps:FM品質
128kbps:普通のMP3品質
1411kbps:CD品質

スーパーメディア変換」はMP3やWAVのビットレートを自由に変換変更できるソフトです。MP3とWAVのほかにも多数な音声形式をサポートしています。さらに形式の変換とサンプルレートの変換もできます。
MP3ビットレートが変換可能な範囲:ビットレート64~320kbps、サンプルレート44100~48000Hz
WAVビットレートが変換可能な範囲:ビットレート64~512kbps、サンプルレート44100~48000Hz


無料体験 無料体験

MP3・WAV音楽のビットレートを変換する手順

1MP3読み込み

「スーパーメディア変換」を無料ダウンロードしてパソコンにインストールしてください。
ダブルクリックして開きます。左上の「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換したいMP3を選択してインポートします。
MP3をソフトにドラックしてもいいです。

mp3をインポート

メディアを右クリックして「プロパティ」をクリックすると、変換前のMP3ビットレートなどのプロパティ詳細を確認します。

mp3のビットレートを確認

2MP3ビットレート変換

右下「設定」をクリックします。

出力形式

「ビットレート」項目の三角をクリックしビットレートの数値を選択します。

mp3 wav ビットレート変換

3エクスポート

画面の下で「参照」をクリックして出力フォルダを選びします。
「変換」をクリックするとMP3ビットレートの変換がスタート。

mp3やwavビットレート変換開始

以上によってMP3ビットレートの変換がついに完成!またWAVのビットレートを変換したい場合も同じ操作で行えます。ビットレート変換後のMP3を再生して楽しみましょう!

無料体験 無料体験
関連記事
comments powered by Disqus
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2018 Video-Converter.jp All Rights Reserved