ホーム製品の活用術  >  動画変換  > 動画の容量(サイズ)を縮小する方法

初心者必見!動画圧縮ノウハウ

圧縮方式の説明
一般的には動画の圧縮は損失ありの圧縮と損失なしの圧縮という二つの方式があります。損失ありの圧縮は画面のサイズを変更せず画質を低下することで動画を圧縮するのに対して、損失なしの圧縮は画質を低下せず画面のサイズを変更するのです。
そのため、真剣に考慮した上で動画ファイルを圧縮するようにしてください。


無劣化圧縮のノウハウ
要らない部分を削除して動画の長さを短縮します。
劣化圧縮のノウハウ
他の容量の小さい形式に変換します。または動画のパラメータを変更します。
動画の容量(サイズ)を決める3つの要素
1.形式(フォーマット)
汎用動画形式のサイズを比較する結果を下記に示します。
AVI>WMV>MPEG-2>VOB>MP4>MOV>MPEG>RMVB>RM>FLV
2.解像度
動画ファイルの解像度が高ければ高いほどサイズが大きくなり動画の画質が高くなります。
3.ビットレート
動画ファイルのビットレートが高ければ高いほどサイズが大きくなり動画の画質と音質が高くなります。
上記の3つのパラメータを調整することで動画を圧縮してください。画質はファイルサイズに正比例するため、圧縮にしたがって動画の画質もそれなり落ちるものです。

スーパーメディア変換」を利用して誰でも以上の方式で動画圧縮をうまく行えます。また強大な編集機能も搭載されているため思い切りに動画編集の楽しさを味いましょう!

無料体験 無料体験

動画の容量(サイズ)を縮小する方法

1インポート

「スーパーメディア変換」を無料ダウンロードしてPCにインストールしてください。
ソフトを実行し、「ファイルを追加」ボタンをクリックして動画ファイルをインポートします。

スーパーメディア変換を実行

2圧縮

無劣化圧縮ノウハウ:
インポート済みのファイルを選択して、「設定」ボタンを押して、解像度やビットレートを調整し、変換後のMP4ファイルサイズを小さく設定します。

カットで無劣化圧縮

劣化圧縮ノウハウⅠ:
メディアファイルを右クリックしてファイル情報で動画の詳細情報を確認できます。
圧縮したい動画を選択して、「設定」ボタンを押して、解像度やビットレートを低下にします。

詳細設定で圧縮標準を選ぶ

劣化圧縮Ⅱ:出力形式を変更することで動画を圧縮してもいいです。


動画形式変換

3エクスポート

最後に「参照」をクリックして出力フォルダを選び「変換」をクリックして、保存先を選択すればOK!

保存先を選ぶ

動画の圧縮が開始します。

動画圧縮開始

こうしたら動画が圧縮され容量サイズが小さくなります!さらに直接YouTube、facebookに配信可能。今すぐ無料ダウンロードして体験してみませんか!

無料体験 無料体験
関連記事
したい
comments powered by Disqus
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2018 Video-Converter.jp All Rights Reserved