ホーム製品の活用術  >  動画編集  > 実況動画の作り方

実況動画の作り方、必要なものと知識を3分でゲット【おすすめ】

実況動画作りに必要なもの
実況動画制作がそう簡単にできるわけでもないのでせめて下記のものを用意しておいてください。
パソコン
ゲーム機
キャプチャーソフト又はキャプチャーボード(実況動画録画用)
動画編集ソフト(実況動画編集用)
動画変換ソフト(場合によっては不要)
マイク(ゆっくり実況動画や実況プレイ動画録音用)
ブロードバンド回線(配信用)

実況動画の作り方について

1実況動画作りの流れ

1.パソコン又はゲーム機でのゲーム画面を録画します
(ゆっくり実況動画や実況プレイ動画の場合、声も録音します)
2.録画した動画を編集します
(基本的な編集技法:タイトル、画面分割表示、カット、BGM、フェードなど)
3.編集済みの動画を投稿し公開します
(投稿先:YouTube、ニコニコ)

2実況動画の編集

実況動画の編集はほかの技法の高い動画編集とは少し違い、複雑でカスタム機能の多いソフトが要りません。画面の繋ぎあわせ、タイトルや字幕を付けることがほとんどなので操作しやすく軽いソフトがぴったりです。録音、録画ができます。別にキャプチャーボードとキャプチャーソフトを買う必要がありません。それによって直感的に編集できる動画編集プロをおすすめします。
では動画編集プロで編集をする際の基本操作を見てみましょう。

録画した実況動画をカットし、必要な部分だけを切り取ります。
実況動画 カット

汎用性が高く、実況動画サイトへのアップロードやコピーが簡単にできます。
実況動画 投稿

最大6つまでの実況動画を1画面で同時に表示させて新しいビデオとして保存することも可能です。
実況動画 編集

スローモーション編集、倍速編集に対応しています。
実況動画 スロー 倍速

3YouTubeとニコニコへの投稿規則

Youtuberに投稿しようとする実況動画のフォーマットが下記のフォーマットの一つであることを確認してください。
.MOV.MPEG4.AVI.WMV.MPEGPS.FLV.3GPP.WebM


ニコニコに投稿できる動画のパラメータ
・ファイル形式:MP4 ・ビットレート:1Mbpsまで ・解像度:プレーヤーサイズ ・音声:AAC-LC サンプリング周波数は 44.1kHz または 48kHz / 16bits ・映像:H.264 / AVC / 固定フレームレート ・ピクセルアスペクト比:1:1 一般会員とプレミアム会員の投稿制限が異なるので事前に確認しないと投稿できないかもしれません。

4人気実況者になるには

人気実況者になるには以下のことが大事でしょう。
・内容の面白さ
・プレイ主のキャラクター性、ユーモアセンス
・特にホラゲ等の予想のつかない展開
・プレイングの上手さまたは特異性
・とりあえずグダグダしないこと
・ゲームプレイの実力、スムーズなプレイ
・テキストをスラスラ読めること(漢字読めないとか論外)
・操作方法は事前に確認しておくこと
・選択肢で長時間迷わないこと

5まとめ

以上の知識を身につけて「実況動画のおすすめ」「人気の実況者」を参考にすればきっと面白い実況動画を作れるでしょう。

無料体験 無料体験
関連記事
comments powered by Disqus
関連基礎用語 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用規則 | 会社情報 |  サイトマップ
Copyright © 2018 Video-Converter.jp All Rights Reserved